コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム> 望星で働く > 望星薬局の1日

望星で働く

望星薬局の1日

8:00

営業開始。
早番の職員が朝の準備をしながら調剤にあたります。


営業開始の様子

前日に発注した医薬品が納品されるので、検収作業を行った後に棚にしまいます。

9:00

受付の様子

職員全員が揃います。
病院に午前予約で受診された患者様が来局され、忙しい時間帯に入ります。


処方監査の様子

処方せんは受付後、処方入力されたあとで総合処方監査システムを利用してチェック。
薬剤師が疑義を確認します。

10:30

早番の人から皆で交互にお昼休憩を取ります。
お昼はお弁当を持参したり、近くの飲食店に食べに行ったりします。

  • 一包化の様子
  • ティアラ調剤の様子
  • 水剤の様子

薬剤師が確認した結果、疑義の見つからなかった処方せんは調剤機器にデータを飛ばすことで、分包調剤、ヒートピッキング、散剤計量など薬剤調製が並行で進んでいきます。

12:30

患者さんもお昼の時間です。
処方せんの受付を済ませお昼を食べに出かけたりする方も多いので、お薬を受け取りに戻られた際にすぐにお渡しできるよう準備は怠りません。


監査の様子

薬剤調製が終わったものは、薬剤師が処方せん・薬歴と照らし合わせながら監査をしていきます。

15:00

発注確認の様子

望星薬局では2500品目以上の医薬品を取り扱っています。
その日使用した薬品を集計したリストを基に補充する薬品の数を決め発注作業を行います。

ティアラ充填の様子

錠剤自動払出機に充填されているヒートシールが減っているので手の空いている人は充填をします。

15:30

この時間になると外来も少し落ち着いてきます。
その日の売り上げを計算するなどの、調剤以外の諸業務にも取り組みます。


宅配監査の様子

処方された薬の量が多かったり、重たい薬だったりした患者さんは薬の宅配を希望される場合があります。
当日中の集荷に間に合うように確実・丁寧に荷造りします。

16:30

外来もそろそろラストスパート。
最後まで気は抜けません!

服薬指導の様子

16:30

早番の人はここで業務終了です。
お疲れ様でした。
残りの人はもうひと踏ん張り、使用した器具などの掃除もかかせません。


薬歴入力写真の様子

薬歴入力や、病院への情報提供など、残った業務を仕上げていきます。

18:00

乾杯の様子

宿直担当の職員へ業務を引き継いで、この日の通常営業は終了です。
心地よい疲れと充実感が広がります。
薬局を閉めた後には…みんなで食事会なんて事も?!