コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム> 先輩の声 > 吉村 龍馬

先輩の声

吉村 龍馬

吉村龍馬

病院・薬局実習での経験をもとに望星薬局を就職先に決めました

吉村龍馬

帝京大学
薬学部 薬学科 出身
2018年4月入社

入社のきっかけや決め手は何ですか?

吉村龍馬

 大学5年時の病院実習にて。
とある入院患者さんを担当させて頂く機会がありました。とても頑固な方でしたが、一生懸命お薬の説明をした甲斐もあり、退院時には「ありがとう。」と声をかけて頂き薬剤師の卵としてやりがいを感じたのを覚えています。 しかし、同時にその方が「退院後もしっかりと薬を飲めるだろうか?」と不安を感じた瞬間でもありました。
 その後の薬局での実務実習先が、望星薬局 (本局)でした。当時、高級車が買えるくらい高額な治療薬として話題となったC型肝炎治療薬の服薬指導を、指導薬剤師の下で全3クールのうち2クール続けて担当することができました。実習を終え大学に戻っても、このような高額な新薬の服薬指導を体験した学生はおらず、かなり貴重な経験をすることが出来たのだと実感しました。
 病院などでしか新薬に触れることが出来ないと思い込んでいた私は「望星薬局なら自分のやりたい継続的な患者指導ができ、最先端の薬に触れながら学べる環境が整っている。」と感じ、望星薬局を就職先に決めました。

今の仕事に生きている!と感じる学生時代の経験は?

吉村龍馬

 学生時代の学会発表や卒論発表を通して経験した「人に伝える難しさ」が今の仕事に生きていると感じます。 今だから言えますが、大学4年生くらいまでは難しそうな雰囲気や長い文章がかっこいいと思っていました。 しかし、学会発表などの経験を通じて大事なポイントを端的に分かりやすく伝える事の重要さ、色・文字のフォントや大きさ・配置でも伝わりやすさが大きく異なる事などを学びました。
 その経験が社会人になってから、患者さんに分かりやすく伝える際や、他の職員の混乱を招かないように仕事を進める上で大いに役立っていると感じます。

休日の過ごし方を教えてください。

吉村龍馬

 趣味の野球や、写真撮影、車いじりやドライブをして息抜きをしています。入社2年目の夏には、有給を組み合わせて連休を取得し、海外旅行や国内旅行を満喫することが出来ました。
 望星薬局は一店舗当たりの薬剤師の人数が多い店舗もあるため、休みの融通が利きやすいと思います。 最近は休日に自己研鑽の一環として目標とする認定薬剤師の取得に向けて勉強をすることもありますが、オンラインでの勉強会も増えてきたため、主に自宅より参加しています。
 休むときは休み、働くときは働く!をモットーにメリハリを意識して仕事と私生活のバランスを取っています。

就職活動中の学生の方へメッセージ

 自分のやりたい事、目的や目標を明確にして就職活動に励んでください。自分の軸を決めて何かを模索する経験は必ず役立つ場面が来ると思います。
もし望星薬局に興味がある方がいれば、いつの日か一緒に働けることを楽しみにしています。