コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム> 先輩の声 > 上田 優

先輩の声

上田 優

上田優

「患者への貢献」と「望星薬局への貢献」に繋がると信じて

上田優

東京薬科大学
薬学部 医療薬学科 出身
2017年4月入社

リウマチ財団登録薬剤師

望星薬局のここがおすすめ

上田優

 なんといっても尊敬できる薬剤師が多数在籍していることだと思います。認定薬剤師や専門薬剤師を取得している先輩はもちろんのこと、資格の有無に関わらず知識豊富な薬剤師が多数在籍しています。そんな薬剤師の指導の下、丁寧に教育してもらうことが出来るのが望星薬局の強みです。入社1年目は全診療科偏りなく勉強できる薬局に優先的に勤めることが出来るので、時間はかかりますが1年間じっくり時間をかけて調剤・投薬・監査までを身に付けることになります。薬局業務が充実していてかつ自信もつくからこそ、認定薬剤師や専門薬剤師を目指す人が望星には多いのではないでしょうか。
 自分の得意分野が出来ると薬局業務も単調なものにはならず、メリハリややりがいが出てきます。なんとなく薬剤師になるのではなく、「患者に貢献したい」「周りに認められる薬剤師として成長したい」というやる気のある人の夢が叶う場所といって良いです。

現在の部署・仕事について詳しく教えて下さい

上田優

 私は、一時期関連会社への出向は経験しているものの入社当初から4年間、東海大学医学部付属病院の門前の店舗にずっと在籍しています。そこで入社2年目から今まで新人教育を主に任されてきました。私の勤める店舗は処方枚数も採用品目も多く、入社1年目の薬剤師にとっては大変なことも多いはずです。若くはないけど、まだまだ後輩の話を分かってあげられる年代の薬剤師として後輩とはたくさんコミュニケーションをとるようにしています。
 主な仕事は、計量調剤から監査・投薬までの一つ一つの作業手順の講義、独り立ちの為の確認テストの作成、テスト後の解説、実習生の教育(講義や日報のコメント)などです。薬局教育の目標は学生の時とは異なり、試験に合格させる事ではありません。入社1年目の薬剤師が抱くであろう不安を取り除き、自信を持ってかつ安全に調剤・監査・投薬が出来るようにしてあげること。でも、みんな日々の実務の経験により私が教えたことを超えて成長していきます。どんな形で成長していくのかを楽しむ事が出来るのが新人教育の醍醐味で、私も日々一緒に成長させて頂いています。
 また、リウマチ財団登録薬剤師の資格も取得したため、先輩方とチームを組んで、副作用モニタリングが特に必要な方のケアやより生物学的製剤の導入が安全に出来るような指導・病院との連携の取り組みなども行っています。単純に投薬するだけでなく強みを持つと学習意欲も上がりますし、先輩に教えてもらえることも増えてより業務の充実を感じています。

どんな薬剤師になりたいですか?

上田優

 患者に支持される薬剤師としてだけでなく、教育に長く携わる薬剤師として後輩にも安心して仕事をしてもらえるようにしていきたいと思っています。その為には、まずは自分自身もいつも明るく、健康に仕事をすることが目標です。自宅に帰れば家事が待っている生活で仕事とは両立が必要ですが、それも含めて楽しんでいきたいです。近しい先輩が明るく楽しそうに毎日を送っているのを横で見ることで、後輩にも明るい未来を想像して欲しいと思っています。
 今の私の軸は「リウマチ登録薬剤師」と「教育」にあります。これが「患者への貢献」と「望星薬局への貢献」に繋がると信じて、今後も楽しみながら自己研鑽していこうと思っています。