コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム> 先輩の声 > 久田 健登

先輩の声

久田 健登

久田健登写真

外来がん治療認定薬剤師
日本大学出身
2010年入社
望星薬局 係長
久田 健登

専門資格「外来がん治療認定薬剤師」を取得して。

所属先の先輩の誘いで『何の予習もせず、ただ参加しに行っただけ』の勉強会で大きな衝撃を受けたのを今でも覚えています。その勉強会こそが日本臨床腫瘍薬学会主催のセミナーであり、そこには若手から中堅、ベテランと各世代の多くの薬剤師が集まり、全員が臨床腫瘍の勉強だけをしにその勉強会に参加していました。当時の自分は講演の内容を理解も出来ず、周りの熱意に負けていました。ただ同じ世代で同職種の人が一生懸命になって勉強する姿を目の当たりにし、『負けられない』と思うようになり、外来がん治療認定薬剤師の取得を目指すきっかけとなりました。

取得について「苦労話は?」と聞かれることもありますが、取得のために苦労したと感じるよりも日常において医師が処方せんを通じて伝えたかった意図を解釈できていなかったと反省することの方が断然、多いですね。

数多くある疾患すべてに対して認定を取得できるほどの専門知識を身に着けるのは不可能です。しかし望星薬局にはリウマチ登録薬剤師を始め、他に専門性を持ったもしくは目指している薬剤師が多く在籍しています。そういった仲間に支えられ、刺激を受ける一方で与える側になったことを自覚し、お互いが切磋琢磨し合える職場に身を置いていると感じています。