コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > ロコモティブシンドローム ~元気な足腰を保つために~

患者様向け情報

ロコモティブシンドローム ~元気な足腰を保つために~

高齢化社会を迎える日本において、日常活動量の低下が招くロコモティブシンドロームが問題となりつつあります。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群、通称ロコモ)は2007年に日本整形外科学会が提唱した新しい疾患概念です。『骨、筋肉をはじめとする運動器の機能が低下し、立つ、歩くなどの移動機能に支障をきたすようになった状態』と定義されています。そのまま放置すれば将来寝たきり状態のリスク因子になることから、高齢化社会において特に対策が必要な疾患のひとつと言えます。

ロコモの発症には加齢や運動不足が原因として挙げられます。また骨粗しょう症や変形性関節症など運動器の基礎疾患のもと二次的に引き起こされるケースもあります。早期に発見し症状の進行を防ぐためにも、「立つ」「歩く」といった日常の動作に不調を感じているようであれば、早めに医療機関へ相談しましょう。近年では「ロコモ外来」という診療窓口を作り、ロコモの予防、対策を指導している病院も増えています。また病院に行くほどではないとお感じの方でも、日本整形外科学会ではロコモ傾向を確認するための簡単なチェック方法をホームページで公開しているので、利用してみてください。

「自分もロコモかもしれない…」と不安になった方も大丈夫。ロコモの予防、改善対策は自宅でもすぐに始められます。対策の柱は、足腰を中心としたトレーニングと、運動・食事習慣の改善です。トレーニングを取り入れる際は「片脚立ち」や「スクワット」といった筋力とバランス力を向上させるような運動を行うと効果的でしょう。また日々の食事で各種栄養素をバランスよく摂り、適正体重を保って運動器への負荷を軽くしましょう。いずれの場合も自分の症状や体力、生活環境に合わせて、無理せず継続可能な方法で対策を行っていくことが大切です。

いつまでも外出を楽しむためにも、暖かい日が増えてくるこの時期、ぜひ運動習慣の見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

加瀬 優子