コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > ポリファマシー

患者様向け情報

ポリファマシー

「ポリファーマシー」とは、ポリ「Poly(複数)」+ファーマシー「Pharmacy(調剤)」で薬の種類が多いことを意味する造語ですが、必要以上に多くの薬が処方されていこと、あるいは不必要な薬が処方されている状態を言います。

  特に何種類以上をポリファーマシーという明確な定義はありませんが、5~6種類以上を指すことが多いです。

 一般的に加齢とともに複数の慢性疾患を有することが多く、薬の種類が多くなる傾向があります。症状が改善して中止を検討してもよい状態なのに漫然と処方されている、複数の医療機関を受診することで類似薬が処方されてしまうなどがポリファーマシー発生の原因です。ポリファーマシーで特に注意しなくてはいけないのが高齢者です。加齢による生理機能の低下により、高齢者では薬による有害事象の発生頻度が高くなりやすく、薬の種類が増えることで有害事象の発生頻度が高まるとも言われています。

  ポリファーマシーの問題はそれ以外にも、種類が多いことによる飲み忘れや誤服用を起こしやすくなる、残薬が増える、医療費が増加するなどが挙げられます。こういった面からもポリファーマシーの解決が求められます。

 しかしながら、薬の種類が多くても治療上必要な薬が整理されていて、症状が安定していて管理上の問題がなければポリファーマシーではありませんので、自己判断で服薬を調節することは避けなければなりません。

 かかりつけ薬局の薬剤師はポリファーマシー解消のために、処方医に患者さんの状態を報告するなど情報共有をして、不適切な薬、不必要な薬、逆に処方されていない必要な薬について提案や相談することができます。

 ご自分の薬について「種類が多くて服用が大変」、「気になる体調変化や体調不良があって薬が原因なのでは?」など、薬に関することは遠慮なく薬剤師に相談しましょう。

薬剤師 田中伸一