コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > 高額療養費制度について

患者様向け情報

高額療養費制度について

高額な薬代を窓口で支払った場合には、高額療養費制度により払い戻しを受けられることをご存じでしょうか?

 高額療養費制度とは高額な治療を受けた時、高額なお薬が処方された際に患者さんの負担を軽減する為の制度で、病院や薬局の窓口で支払った額が、同一月(1日から月末まで)で一定額を超えた場合には払い戻しが受けられます。

 毎月の上限金額は年齢及び所得によって分類され、申請にはご自身が加入する保険者への高額療養費の支給申請書の提出、または郵送が必要です。保険者によっては、支給申請の通知が届いたり、自動で高額療養費が支給される場合もあります。

高額療養費が支給されるまでには、受診した月から3ケ月以上かかります。
医療費が高額になりそうな場合は、事前に保険者へ限度額適用認定証の申請手続きを行い、「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、医療機関の窓口で提示する事で、医療機関ごと(医科入院、医科外来、歯科入院、歯科外来、院外薬局)の窓口での支払いを上限金額までに軽減出来ます。(70歳以上で所得区分が一般、現役並みⅢの方は、健康保険証、高齢受給者証の提示で自己負担限度額までの支払いとなり、限度額適用認定証は発行されません)
限度額適用認定証には有効期限があり、自動更新ではないため、期限が切れる際はご自身での再申請が必要となります。

限度額適用認定証の提示による窓口での負担軽減は医療機関ごとの計算になる為、病院と院外薬局ではそれぞれ上限金額までの支払いが発生します。ただし、高額療養費の計算は院外処方せんを発行した医療機関の自己負担と薬局で支払った自己負担額は合算して計算されます。また、1つの医療機関では上限額を超えない時でも、同じ月に別の医療機関にかかっていれば、自己負担が合算され高額療養費払い戻しの対象となることもあります。(69歳以下の場合は2万1千円以上で合算の対象となります) 

この他にも、高額な支払いが続く場合、自己負担額を世帯で合算する場合など、ご負担をさらに下げる仕組みもあります。詳しくは薬局窓口または、加入する保険者にご相談ください。 

菅原 春美