コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > 歯周病

患者様向け情報

歯周病

「歯磨きをしていると歯茎から出血してしまう」「口の中がネバネバする」「硬いものを食べた時に歯に痛みを感じる」そのような経験はありませんか?もしかすると、それは歯周病のサインかもしれません。

歯周病は歯と歯茎の間に歯垢と呼ばれる細菌の塊が溜まることによって引き起こされる炎症性の疾患です。歯周病は成人の約80%がかかっていると言われ、とても身近な疾患です。歯周病は大きく歯肉炎と歯周炎の2つに分けられます。歯肉炎は歯周病の初期段階で、歯茎に炎症が起きている状態です。この段階では痛みのような分かりやすい自覚症状はなく、歯茎が腫れている、歯を磨いた時に歯茎から出血するといった症状がみられます。歯肉炎から症状が進行し、歯の根元にある歯槽骨(しそうこつ)まで炎症が及ぶと歯周炎になります。歯周炎は歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれ、この段階まで来てしまうと歯茎から膿が出る、硬いものを食べた時に歯が痛む、歯がグラグラするようになり、最終的に歯を失う恐れがあります。また、歯周病が進行すると、歯周病菌が毛細血管を介して全身に広がり、口の中の問題に留まらず心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などの原因にもなると言われています。身体の健康のためにも、お口のケアは大切と言えます。

歯周病は放置していると徐々に進行してしまいますが、初期段階であれば適切なケアを行うことで進行を抑えることが出来ます。歯周病を予防するためには、日々の歯磨きを継続して行い、歯垢をしっかり除去する事が大切です。また、歯医者さんによる歯垢や歯石のクリーニングを受けることも効果的とされています。普段あまり歯医者さんにかからないという方も、定期的に受診して自身の歯の状態を確認してもらうと良いでしょう。

望星薬局・中央堂薬品では歯周病対策として薬用はみがき粉やマウスウォッシュを取り扱っています。興味のある方は薬局職員までお声がけください。

 内藤 卓也