コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > 医薬品の分類

患者様向け情報

医薬品の分類

医薬品は、医療用医薬品と要指導医薬品、一般用医薬品に分けられています。

医療用医薬品とは、患者さんの症状や体質に合わせて医師もしくは歯科医師が処方せんに記載し、病院や薬局などで受け取ることのできる医薬品です。効果が高いものが多いですが、重大な副作用を起こす危険性もある為、指導が必要とされています。

要指導医薬品、一般用医薬品とは市販薬、大衆薬、OTC薬などとも呼ばれ、処方せんがなくても薬局等で購入することができる医薬品です。OTCとはOver The Counterの略で、薬局のカウンター越しに買える医薬品という意味です。
(現在はインターネットで購入できるものもありますが、以前は薬局のカウンター越しで購入できたことから、このような呼び名になっています。)
通常、安全性が確保できる成分の配合によるものが多く、皆さんが自分の症状に合わせて使用する医薬品です。
さらに要指導医薬品、一般用医薬品には次のような特徴があります。

要指導医薬品は、医療用医薬品から移行したばかりのもので慎重に販売する必要がある医薬品です。薬剤師による対面での情報提供が義務付けられており、インターネットでの購入はできません。

 一般用医薬品は、副作用や飲み合わせなどを含めた医薬品の使用に関し、注意を要する度合いに応じて3つに分類されます。

第1類医薬品

副作用や飲み合わせなどにより、日常生活に支障が出るほどの健康被害を生ずるおそれがある医薬品であり、その使用に関し特に注意が必要なものとして厚生労働大臣が指定するものです。

『薬剤師による情報提供が義務付けられています。』

第2類医薬品

副作用や飲み合わせなどにより、日常生活に支障が出るほどの健康被害を生ずるおそれがある医薬品であり、厚生労働大臣が指定するものです。
より注意が必要なものは第2類医薬品とは別に指定第2類医薬品に分類されています。

『薬剤師または登録販売者から購入し、販売者からの情報提供は努力義務とされています。』

第3類医薬品

日常生活に支障が生ずるほどではないが、身体の変調、不調が起こるおそれがある医薬品です。

『薬剤師または登録販売者から購入し、情報提供に法的制限はありません。』

いずれもインターネットでの購入が可能ですが、薬局で購入する時と同じように、薬剤師や登録販売者からの情報提供を受ける必要があります。

一般用医薬品は薬局等で手軽に購入できますが、健康被害や身体の不調にならないよう、購入の際は薬剤師や登録販売者とよく相談してからの購入をお勧めします。