コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > 消費税の増税!! どう変わる!?薬局の会計

患者様向け情報

消費税の増税!! どう変わる!?薬局の会計

皆さんご存じの通り、2019年10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられます。

では、今回の消費税の増税によって医療機関の会計も変わることはご存じでしょうか?
「薬局も当然消費税が上がる」と思われた方、お手元に病院や調剤薬局の領収書があれば、是非確認して見て下さい。
消費税という項目はありません。
何故でしょうか?
国税庁のホームページに非課税の対象についての記述があります。

『(9) 社会保険医療の給付等
健康保険法、国民健康保険法などによる医療、労災保険、自賠責保険の対象となる医療など
ただし、美容整形や差額ベッドの料金及び市販されている医薬品を購入した場合は非課税取引に当たりません。』

つまり、一部の例外を除いて、保険医療については病院や調剤薬局にかかった会計に消費税は含まれていません。
では、消費税はかからないのに何故薬局の会計は変わるのでしょうか?


薬局が医薬品を医薬品卸会社から購入する際の医薬品代や薬局を運営する際に必要な光熱費等設備費は、上記の非課税の対象には該当しない為、消費税が発生します。
その為、調剤報酬(調剤行為に関する金額)の点数を上げることで、2%の増税分を補い、消費税分を調整することになるからです。
例えば、調剤基本料(薬局を1回利用するごとにかかる金額)は1点(10円)引き上げられ、3割負担の方で3円お会計も上がります。
(実際のお会計では1の位が四捨五入されます)

 また、1回の服用ごとに薬をパックにする一包化調剤、かかりつけ薬剤師等の点数も引き上げられており、患者様の負担としては全体では、0.12%の引き上げになります。
具体的な金額に関しては、保険の負担割合、お薬の日数・調剤方法により異なります。

以上、今回は消費税増税に伴う薬局の会計についてのお話でした。
なお、2019年2月における、改正案である為、今後変更となる可能性もあります。