コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > 薬と海外渡航

患者様向け情報

薬と海外渡航

海外旅行に病院で処方されている薬を持参する際、準備不足の為、薬を没収される事や様々なトラブルに遭遇し、折角の楽しい旅行が台無しになる事もあります。
今回は出国時や現地でのトラブルを避ける為の準備を紹介します。

まず出国時規制される医薬品として、麻薬や覚せい剤原料、向精神薬が挙げられます。
麻薬に関しては地方厚生局に許可申請手続きを行い、麻薬携帯輸出入許可書を携帯して出国する事ができます。
覚せい剤原料に関してはいかなる場合も認められません。
向精神薬に関しては経口薬、坐薬の場合は成分の総量が一定量以下であれば手続きが不要であり、一定量を超える場合、又は注射剤は医師の証明書を携帯する必要があります。

渡航先の法規制については、国によって法律が違う為、日本で認可されていても諸外国で禁止されている薬もあります。 大使館に問い合わせを行いましょう。

上記規制薬に限らず、インスリン製剤等の注射器や現在使用中の薬剤を持ち込む際は、トラブルを避ける為に英文薬剤証明書を用意すると良いでしょう。
自身の治療目的であり、他人に譲り渡すことが目的ではない事を証明するものです。
公的に規定された形式はありませんが、患者氏名、疾患名、処方内容、医師名・病院名等を記載します。 処方医や調剤した薬剤師が作成し、署名をします。
薬剤名は商品名では伝わらない事がある為、一般名で書いてもらうと良いでしょう。

海外旅行の際は、かかりつけの医師や薬剤師に事前に申し出て適切な準備をし、安心安全な旅行を楽しみましょう。

薬剤師 加部 貴康