コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > 処方せんのFAX

患者様向け情報

処方せんのFAX

薬局での待ち時間が長いなと感じたことがある方は多いと思います。
そんな時には受け取りの日を改める、待ち時間に食事や用事を済ませるなどする方もいるでしょう。
しかし、急いでいたり、ご自宅と薬局が離れていたりする場合はそれも難しいのではないでしょうか。
そのような方は処方せんのFAXが有効かもしれません。

これはFAXした処方せんで薬の準備を始めてもらい、都合の良い時に薬を受け取る方法です。
便利な方法ですが、処方せんの原本を有効期間内(通常、交付日を含めて4日間)に提出する必要があるのは変わりませんし、混雑状況により多少の待ち時間が発生する場合があるので注意が必要です。

次に、この注意点について簡単に説明します。
FAXが届くと、薬剤師による処方内容の確認の後、薬剤の調製が行われます。
ここで注目していただきたいのは「調剤」ではなく「薬剤の調製」という点です。

調剤は処方せんにもとづき行う必要がありますが、FAXではそれが認められていません。
実際に提出された処方せんをもとに調製された薬や記録を確認することで、薬剤の調製が調剤として認められます。
そのため、処方せんの原本を期限内に薬局へ提出する必要があります。
またその際、この確認作業に多少の待ち時間が必要となります。

正確ではありませんが、以下のように考えるとわかりやすいでしょう。

① FAXで、薬剤の調製(お渡しするお薬を集めたりまとめたり)をする
② 処方せんで、調剤(調製された薬をお渡しできる状態に)する

なお、初めて利用する薬局にFAXする場合は、送信後に一度薬局に連絡することをお勧めします。
なぜなら、使用している薬などの記録がないので、アレルギーや飲み合わせ等の確認ができない上、薬の在庫や、ジェネリック医薬品のご用意などの問題もあるからです。

FAXの送信は病院内のFAXコーナーやコンビニエンスストア等から送る他、最近ではスマートフォン等で撮影した画像をFAXしてくれるインターネットサービスや携帯アプリもあります。
もしも待ち時間が気になるようなら、利用している薬局に確認してみてはいかがでしょうか。

桒原 望