コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
望星薬局

ホーム> 患者様向け情報 > 役立つ情報マガジン > 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)について

患者様向け情報

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)について

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs=エヌセイズ)とは、ステロイド以外の抗炎症、解熱、鎮痛作用をもつ薬剤の総称です。解熱剤や痛み止めとして広く使用されており、病院で処方される薬以外に市販の風邪薬や痛み止めなどにも含まれている成分です。
NSAIDsは、発熱や痛みを引き起こす原因となるプロスタグランジンという物質が作られるのを抑えることで解熱鎮痛剤として効果を発揮します。

NSAIDsは非常に多くの人に使われている薬ですが、他の薬と同様に副作用が起きる可能性があるので注意が必要です。NSAIDsの副作用として有名なもののひとつに胃腸障害があります。これは、プロスタグランジンが炎症や痛みに関与する一方で、胃酸分泌の抑制や胃粘膜の保護などの働きもしているためです。NSAIDsによりプロスタグランジン産生が抑えられると、胃酸の分泌が増加し、胃粘膜のバリア機能の低下を引き起こし、結果として胃炎や胃潰瘍などの胃腸障害が起きてしまうのです。
こういった副作用は長い間NSAIDsを飲んでいる場合で特に注意が必要ですが、中には胃への影響が少ないタイプのNSAIDsもあります。また、胃を守る薬が一緒に処方されることもありますので胃が弱く心配な場合には医師に相談しましょう。

胃腸障害の症状がひどい場合には出血性の潰瘍などになってしまう恐れもあります。もしも痛み止めや解熱剤の使用中に胃の不快感、腹痛、悪心、食欲不振などの症状が現れた場合には、無理をせず早めに医師、薬剤師にご相談ください。