サイトマップ お問い合わせ リンク
 薬学教育6年制となり、薬学生の2.5ヶ月薬局実務実習が始まりました。
 望星薬局では、1975年の開局以来、毎年数多くの薬学生の実習を受け入れてきました。それは、社員自らが育つと同時に、常に次世代の薬剤師を育成することが薬局の使命の一つであるとの考えからです。その伝統は現在まで受け継がれ、指導薬剤師のみならず勤務する先輩薬剤師のすべてが薬学生の実務実習を支援しています。
 今後も望星薬局ではこれまでの経験を生かした質の高い薬局実務実習を行なってまいります。
平成25年度実績
1.薬学実務実習
第1期 16名
第2期 14名
第3期 11名
【 学校別 】 北里大学 4名
慶応義塾大学 1名
城西大学 1名
昭和大学 1名
昭和薬科大学 1名
帝京大学 2名
帝京平成大学 2名
東京薬科大学 20名
東京理科大学 1名
日本大学 2名
日本薬科大学 2名
星薬科大学 1名
明治薬科大学 1名
横浜薬科大学 2名
声A: 私が今持っている知識では全く足りないほど多くの知識を持っていて、それを様々な場面、患者に合わせて使い分けることが大切な職業だと思ったし、薬局内にいるからといって視野が狭いということではなく、他の医療機関や社会とも協力しあって、患者の治療を支えていく、やりがいのある職業だと感じました。
声B: 薬局薬剤師の方々が、まず第一に患者さんのことを考えて行動していると感じました。
声C: 薬剤師の様々な職種の中で、最も患者さんに近い存在なのが「薬局薬剤師」なのだと感じ、また体験させて頂きました。
サイトマップ お問い合わせ サイトのご利用について プライバシーポリシー